※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > 「7つの習慣(R)」研修を受講した感想は???

「7つの習慣(R)」研修を受講した感想は???

今日は「7つの習慣®」研修を受けた受講者が、
実際にどんな感想を抱くのか?をご紹介します。

ご存知の通り、ジェイックでは、
中堅中小企業向けに「7つの習慣®」研修を
ご提供しています。

これは、ある時、突然、

「良さそうなプログラムだな!
 ぜひ扱いたい!!」

と思い、代理店をはじめた訳ではありません。

実はジェイックが「7つの習慣®」と出会ったのは、
自社の社員教育、研修プログラムとしてでした。

ジェイックでは、商品開発の考え方として、

 自社で取り入れて良かったものを、
 お客さまにご提供する

ということを基本にしています。

「7つの習慣®」も同様で、
まずは、

 ジェイックのある事業部で導入

  ↓

 

 効果があったので、全社へ展開

  ↓

 同じように効果があったので、権利者である
 フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社へ依頼して、
 自社のプログラムとして扱わせていただく

という流れで経て、現在ご提供しています。

もちろん、現在も全社員が受講するプログラムとして、
定期的に研修を実施して、新入社員に受講させています。

今回は、

 ・今年の4月に入社した新卒

 ・直近1年で入社した中途社員

を対象に研修(前半:基礎原則~第三の習慣)を
実施しましたので、その受講者の感想をご紹介します。

※彼らの日報をそのまま引用していますので、
 文章の表現などは適切でないものがあるかも知れませんが、
 ご容赦ください。また商標の表記についても引用文内では
 省略しております。予めご了承ください。

----------------------

学びとしては、特に大きく2つあります。

第一の習慣、 主体性を発揮する。
私は外部の刺激に対して反応的すぎると自分で感じます。
自分の人生を楽しくないものにしているのは、自分だなあと。
外部刺激はどうであれ、反応は自分で選ぶようにしないと
私の人生の主役が私じゃなくなっちゃうと痛感しました。

ただ、これは必要性を再認識したに過ぎません。
実生活で、どうしたら反応を選べるようになるのか、
具体的な解決案を早急に考えます。

第三の習慣  重要事項を優先する
7つの習慣の書籍は、2ヶ月か3ヶ月前に読みました。
その際、ミッションステートメントを作って指針にしよう!
と思ったことを覚えています。

でもそれは第2領域にあって、
結局今まで取り組むことはありませんでした。

第2領域はむこうからやってこない、
と梶田さん(講師)は表現していらっしゃいました。
その通りでした。

長い目で見たときに必要なことについて、
きちんと取り組めるよう、スケジューリングしていきます。

----------------------

本日の研修で、特に印象に残ったこと、
明日の業務から活かしていこうと感じたことを書きます。

〇色々なパラダイム®を受け入れる大切さについて

•色々な方のパラダイム®を受け入れることで、
 考え方の幅が広がると感じました。

 「そういう考え方もあるんだ」という受け止め方を
 梶田さんが積極的にしておりました。

 今後、アドバイザーとして色々な方と接する機会が
 あるので、色々な意見を受け入れる姿勢、そこから何かを
 学ぶ姿勢を大切にしていきます。

〇時間管理の大切さについて

•第三の習慣の時間管理のマトリックス®の講義を受けて、
 自分がいかに効果性の高い領域のことを
 後回しにしていたかが分かりました。

 例えば、説明会講師の力をつけるという項目は、
 私の中ではまだ緊急性は高くないけれど、
 重要性は非常に高いという位置づけでした。

 しかし、緊急で重要な項目を優先しており、
 説明会講師への注力はほとんどしてない状態です。

 このように、表に落とし込むことで、
 自分が大切だと思っていても無意識に後回しにしている
 ことに気付くことが出来ました。

 休日に、緊急でなく重要でない項目(寝過ぎ、
 無駄にテレビを見る等)を極力抑えて、
 通常業務で出来ないところを補うというような工夫を
 していく必要があると感じました。

 定期的にマトリックスに落とし込み、
 自分の成長に必要なことを見直していきます。

----------------------

研修が終了したとき、

何気なく壁に映し出されているJAICのロゴを見て、

「あー、ジェイックに入社していなかったら、7つの習慣®を、学ぶ機会さえなかったのかもしれないなあ。」と思い、しみじみと学ぶ機会を頂ける喜びと有り難さを感じました。

さて、仕事においても、プライベートにおいても、
効果性を高め、豊かな人生を送るための7つの習慣®ですが、今日の研修で特に印象に残ったことを、2点振り返ります。

1点目は、豊かな人生を送るために

 コントロール出来るのは、自分しかいない

と改めて気付いたことです。

先月の私で言えば、疲れたから少し休もう
といって、休日を無計画にだらだらとすごしていました。

たまになら、第2領域で良いのですが、
それが毎週続くと、第4領域となり、
なんの効果性も発揮しません。

改めて、自分の生活態度、意識を変化させる
きっかけとなりました。

そして2点目は、第2領域の学びです。

石田さんが、消防士の話を例にして話してくれたのですが
山火事が頻繁に起こるその地域では、
第1領域に当たる実質の消化活動は、
たった2%に抑えられている
(私は、40%と答えました 笑)

なぜかというと、それは… 第2領域の【防火】活動をしっかりとしているから。

準備をしていれば、第1領域を減らせる
第1領域を減らせることができれば、
心に余裕ができ、その分、第2領域の行動ができる。

今は正直、第3領域と、第4領域も多いのですが
しっかりと、第1領域と第2領域の間で
動けるように自分をコントロールしていくことを心がけます!

----------------------

今回の受講者は

 第三の習慣 重要事項を優先する

について、感じることが多かったようです。

確かに、

 ビジネスマンならほぼ誰もが知っている、
 時間管理の大切さ。

ですが、7つの習慣®研修で、

 時間管理のマトリックス®に
 実際の日常の仕事を当てはめてみる

というワークをすると、

 知ってはいても出来ていない

ことを突き付けられて、ドキッとします。

私たちは研修で、

 「しっている」

 「している」

は小さな「っ」1つの違いですが、
そこにはもの凄く大きなギャップがあります。

今日の研修を聞いていて「知っている」と思ったら、
「している」かどうか、自分に問いかけてみてください。

などという話をしますが、
まさにその典型かも知れません。

今日、研修を受講したメンバーは、
また1カ月後に後半の研修(第四~第七の習慣)を
受講することになります。

彼らがまたどんなことに気付くのか、
今から楽しみです。

また社員の人間力を高める7つの習慣®研修の
内容をご体感いただけるセミナーも定期的に実施しています。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓    ↓

「Urlはコチラ」
http://jaic-7habits.com/7h/freeseminar/experience/

無料ですのでご興味ございましたら、お気軽にお申込みください。