※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > 時間管理のマトリックス ~タバコ休憩は第何領域?~

時間管理のマトリックス
~タバコ休憩は第何領域?~

ジェイックが提供している「7つの習慣®」研修では、 第3の習慣を学ぶ中で、

自分たちの日常生活を時間管理のマトリックス®に分類する

というグループワークを行います。

時間管理のマトリックス®というのは、
簡単に説明すると、X軸:緊急、Y軸:重要を2軸を作り、

   第1領域 重要×緊急
   第2領域 重要×緊急でない
   第3領域 重要でない×緊急
   第4領域 重要でない×緊急でない

の4象限に「やること」を分けるツールです。

社会人で時間管理を習ったことがある方であれば、
時間管理のマトリックス®自体は、

 「知っている」

 「見たことがある」

と思いますが、前回のコラムで書いた通り、
実際に自分の日常生活を当てはめてみると・・・
「ドキッ」とします。

さらにこれをグループでやると、
例えば、

 Aさんにとっては「営業会議」は第1領域だけど、
 Bさんにとっては「営業会議」は第3領域。

なんてことも出てきます。

会議を主催することが多いマネージャー、管理職としては、

 「自分がコーディネートしている会議が、
  部下にとって第何領域なのか?」

と考えるとドキドキしますね。

さて、そのグループワークの中で生まれた名言。。。

 「1本目のタバコは第2領域ですが、
  2本目以降のタバコは第4領域です。」

ここまで明確に分類されると気持ちいいですね。

そして、きっとこう分類できると、
この方は

2本目のタバコ

に手を伸ばすことが減るんじゃないでしょうか。

この分類、他にもいろいろ当てはまりそうです。

「1杯目のビールは第2領域ですが・・・」

「15分の昼寝は・・・」

「1つめのおやつは・・・」

「週末、8時までの二度寝は・・・」

最初は第2領域、でもズルズルやると、第4領域。
自分の場合、どんな活動でしょうか?
そして「境目」がどこか、自覚できているでしょうか?