※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > 「7つの習慣(R)」研修実施後の勉強会

「7つの習慣(R)」研修実施後の勉強会

東日本エリアの担当インストラクター、
石田です。

3月13日、午前中、愛知県の海寄りのメーカーさんに
「7つの習慣®」研修実施後の勉強会の進め方を教えてほしい、ということで伺ってきました。

5人の進行役は、前向きで明るく、次世代を担うリーダーたち。

研修の参加姿勢もとても素晴らしい方たちでした。

研修の実施後、お酒を交えた懇親会をやる企業様が多いのですが、
この5人からの質問が途絶えなかったのがとても印象的でした。

素晴らしい5人を抜擢されたなと思いました。

午後には名古屋を中心に、
西日本を担当している梶田インストラクターによる
「7つの習慣®」無料体験セミナーのオブザーブをしてきました。

相変わらず、キレのある話に脱帽しきりでした。

「成長の3段階」のワークで
■依存→■自立→■相互依存(相互協力)
の人たちに囲まれて働くとしたら
・どのような行動を目にするか?
・どのような気持ちになるか?
・どのような結果を生み出すか?
をペアで検討するワークがあります。

「依存」「相互協力」のところの意見はみなさん
一致しやすいのですが、「自立」のところだけは
意見が分かれます。

≪自立している場合≫

・一人一人がやる気がある状態

・結果も出していて刺激がある

・チームとしてもよい結果になる

と予想しました。

とてもポジティブな意見が発表されたのですが、
参加者23名中2名だけはネガティブなこともあると予想しました。

≪自立している場合≫

・いやいや、ひとりひとり自己主張が強すぎてチームはバラバラだ

・自分勝手な行動もありそうだ

・1+1+1+1⇒なので4にしかならない

という意見も出て、周りの方への気づきを促していました。

「7つの習慣®」では、正解は自分の中にあると伝えているので模範解答はありません。

ですが、どれがベストな状態なのだろう・・・

と考えることに価値があるのです。

文章だけでこの臨場感を伝えるのは難しいので、 無料体験セミナーにお越しください (笑)

セミナーの終盤にインストラクターから

「この研修に自社の社員が参加したとしたら
  どのような反応を得られると思いますか?」

という質問があります。

自社に合うものなのか、合わないものなのかをじっくりと
ご判断つけていただける内容です。

御社の課題にフィットするものなのかどうかを
その目で確かめていただければ幸いです。