※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > 3月、4月は「新入社員研修」のご依頼が多く、 いわゆる『繁忙期』でした。

3月、4月は「新入社員研修」のご依頼が多く、
いわゆる『繁忙期』でした。

こんにちは。
ジェイック教育事業部の石田です。

教育事業を展開していると、
3月、4月は「新入社員研修」のご依頼が多く、
いわゆる『繁忙期』でした。

研修の「フィードバック訪問」ということで
今年も多くの企業様に研修のご報告に伺いました。

比較的、新入社員に対しての課題を伺うよりは、
「上司」や「育成担当の教育係」の教育に課題がある、
と多くの企業様でお話を伺いました。

先日は、不動産系の営業会社に訪問させていただき、
そこでも同様のお悩みを伺いました。

新人教育において、

優しくしすぎると、
 社会人として舐めてしまうことになるし、

厳しくしすぎると、
 心が折れてしまうから

「さじ加減」が難しいと口を揃えます。

上司や教育係の育成スキルをどう高めるか、
ということなのでしょうね。

そこで、社長様にお尋ねしました。

「教育係の育成スキルが磨かれれば、新人は伸びますか?」

と尋ねると、

「いや、それだけじゃダメだ」

とおっしゃいます。

「まずは、上司、教育係が「率先垂範」しないとダメだよね。

テクニックでどうにかするというよりは、
 上司が率先垂範し、模範になることが重要で、
 『人間力を高めるには』 どうすればいいのか
 ということに重きを置いた方がいいような気がする」

とおっしゃっていました。

「人間力を高めるには・・・」

つまり、指導する上で、スキルだけではなく、

『人間力+スキル』

が大切だということなのですね。

より重要なのはどちらですかと突き詰めれば、

「人間力」

ということなのでしょう。

それは、まさしく、「7つの習慣®」で伝えていることと同じですね。

最近、企業様に多く訪問し、伺ったお話をまとめると、

■人間力を高めることで他社との差別化を図りたい

■ひとりひとり考えて動ける組織づくりをしたい

■上司力を上げることで組織強化したい

というご要望が増えている印象を受けています。

各社に合わせて、同業他社などで実施した事例や
情報提供をさせていただくことが多いです。

お気軽にお声掛けください。

上記、情報が参考になれば幸いです。

追伸:
日経ビジネスオンライン 「キーパーソンに聞く」で、
新人育成のポイントが掲載されました。
(株式会社ジェイックの代表の佐藤と岡田)

よろしければご覧ください。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓    ↓

http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140818/269987/