※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > 「31人目のジェラシー」

「31人目のジェラシー」

東日本エリアの担当インストラクター、
石田です。

5月22日は東京会場で「7つの習慣®」2日間研修 無料体験セミナーを 実施しました。参加者は12社19名。

「7つの習慣®」研修の導入を意思決定している方も複数社いらっしゃった影響か、 参加者の方からとても熱を感じるセミナーでした。

ご参加いただいたみなさま、 誠にありがとうございます。

セミナーの休憩中、 IT企業の取締役の方から ご質問をいただきました。

「石田さん、リーダー以上(30人)で実施するか、  全社員(100名)で実施するか、  を検討しているんですよ。

どういう順番で受講させるか  何かアドバイスありますか?」

という質問でした。

「どのようにお考えなんですか?」

と尋ねると、

「100人のうち、まずは上の30人で受講して、  30人で引っ張る、というカタチにするのが  いいと思っているんです。

でも、2:6:2の法則で言えば、  30人でも2:6:2になってしまいますよね・・・

この『下の2』をどうにかしたいとも思っているんですよね」

とのことでしたので、

「30人を選んだ場合、  もう一つ考えなくてはいけないリスクがあるんです。

机上の数字には出てこない『人の気持ち』です。

30人には入れなかった『31人目』『32人目』の方は  どういう気持ちになると思いますか?」

「それは、、、嫌な気持ちになったり、

何で自分は入れなかったんだろう、

とジェラシーやねたみ、そねみに

なりやすいかもしれませんね」

「そうなんです。

私の経験上、この31人目になった人のネガティブパワーは  そうとう強いです。

で、意外と力がある人だったりするからやっかいなことになります。

そういったリスクを考えて、何チーム実施するかを  ご検討いただくといいと思いますよ。」

とお伝えしました。

31人目の方の顔が思い浮かんだのでしょうか。

非常にすっきりした表情で、

「全社員で導入することを前向きに検討します」

とのことでした。

どういう順番で受講させるといいのか、

どういう組み合わせで実施するといいのか、

われわれは、相当数の中堅中小企業様での

研修実績がございますので、事例ベースで

いろいろアドバイスができるかと思います。

「「7つの習慣®」
の研修導入事例はコチラをClickしてご覧ください。」

http://www.jaic-g.com/7h/casestudy/

セミナーにお越しいただき、 直接、ご質問いただければとても嬉しく思います。

御社の好ましい変化になる ぴったりなご提案ができますと幸いです。

遠慮なくお声掛けください。