※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > 中間管理職とは?中間管理職の仕事内容とよくある悩み

中間管理職とは?中間管理職の仕事内容とよくある悩み

企業が成長していく上で、重要な役割を果たす存在が中間管理職です。中間管理職がうまく機能しないと、 組織や企業は持続的な成長を実現できません。近年、中間管理職の業務量が過大になり、本来の役割が果 たされていない問題も起きています。そこで今回は、中間管理職が本来果たすべき役割や抱えている悩み についてご紹介します。

◆中間管理職とは


「中間管理職」とは、管理職の中でも、自身より更に上位の管理職の指揮下にある管理職のことです。 一般的には、課長や係長が中間管理職に該当します。中間管理職とは簡単に言えば、管理職でありなが ら上司も部下もいる立場の人間です。

◆中間管理職の仕事内容


・部下の役割や目標の設定・管理

中間管理職の主な仕事は、企業の経営方針に従いながら、部下一人一人に対して適切な役割と目標を与えることです。売り上げを達成するためには、部下の得意・不得意 分野や性格を把握し、部下の能力を最大限に引き出すこ とが大切です。

目標を決める際も非現実的な目標や適当な目標を設定す るのではなく、企業の大きな目標を達成するために必要 な課題を考えたり、部下に合わせた目標を設定したりす ることが求められます。 また、部下に与えた役割が果たせているのか、目標が達 成できているかどうかを確認・管理することも、中間管 理 職の大切な業務です。定期的に進捗管理を行い、状況を把握し、期待していた結果になっていない場合 は、指導や改善策を講じる必要があります。

・部下の教育・補強

部下のスキルアップや人材補強を行うことも中間管理職の大切な仕事です。部下に仕事を振って終わり ではなく、部下が仕事に行き詰まっているときにアドバイスを与える、今後の業務で必要になるスキル の取得を促すなどのフォローも忘れてはなりません。異動や退職、休職などで部下が抜けた場合、社員 の補強をすることも中間管理職の大事な役割です。

◆中間管理職が抱える悩み


・上司と部下の板挟み

多くの中間管理職が抱える悩みの1つは、上司と部下の 板挟みになることです。中間管理職は、部下には指示や 指導を行う立場でありながら、上司からは指示や指導を 受ける立場にあります。

悩みを誰かに相談しようと思っても、社内で相談する相 手を選ぶ必要がある点が中間管理職の難しいところです。 上司から叱咤激励を受ける一方で、部下からさまざまな 相談を持ちかけられたり、上司と部下の間で意見が相違 したりすることにより、どのように対処すべきか分から ずに1人でストレスを抱え込んでしまう方が多いようで す。

中間管理職として働く方の中には、20代後半から30代後半の方が少なくありません。この時期はプライ ベートで大きな変化が起こる時期でもあるため、仕事のストレスと併せてプライ ベートでもストレスを抱え、精神的に不安定になりやすい傾向にあります。

・過剰な業務量

中間管理職の本来の業務はマネジメント業務ですが、人手不足の場合には、マネジメント業務以外のこ とも任されるケースがあります。 ただでさえ、近年の労働環境の変化により、管理職として配慮しなくてはならないことが多くなってき ている中で、管理職以外の仕事もこなさなくてはならない状態が続き、結果として過剰な業務量を抱え 込んでしまい悩む中間管理職もいます。

◆おわりに


企業には欠かせない中間管理職ですが、近年では激務の割に見返りが少ないことから、管理職になりた いという若手社員が少なくなっています。中間管理職に就く若手がいなくては、企業の成長が滞る可能 性もあります。 このような事態を防ぐためにも、中間管理職が抱える悩みを無視せずにきちんと向き合い、中間管理職 が心身ともに健康で無理なく働くことができる環境づくりが重要です。