※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > 新人教育係の選び方は?新人指導をさせる目的と目標

新人教育係の選び方は?
新人指導をさせる目的と目標

新しい社員を迎える場合、業務や会社のルールなどを新人に教える新人教育係を用意する企業も少なくあ りません。新人教育係は、会社の将来を担う人材を育成する重要な役割を担います。誰を教育係に選ぶか で頭を悩ませた方も多いのではないでしょうか。 新人教育は新人育成を目的としていますが、新人教育係に選ばれた社員を大きく成長させる機会でもあり ます。今回は、新人指導の目的と目標、そして新人教育係の選び方についてご紹介します。

◆新人教育係に新人指導を担当させる目的


新人教育の目的は、新入社員に会社の理念や仕事の進め方 などを教え、会社の一員としての自覚を持ってもらうこと や、1日でも早く現場に入って業務ができるようになって もらうことです。では、わざわざ新人教育係を選んで新人教育を担当させる目的は何でしょうか。それは、新人に仕事を教えることを通じて、教育係に選ばれた社員に業務内容への理解を深めてもらうと同時に、将来会社の管理職として活躍してもらうことを想定して、他者に指導する力やリーダーシップを身に付けさせることです。 つまり新人教育は、新人だけでなく、教育係に選ばれた社員を成長させる絶好の機会でもあるのです。したがって、単に業務に精通した社員ではなく、これから成長してもらいたいと思う社員を教育担当にすることをおすすめします。

◆新人教育係の目標


新人教育係の成長を促すためにも、教育係に明確な目標を設定させてください。例えば、新人と積極的にコミュニケーションを取ることを目標に設定すれば、周囲への気配りやけん引力を鍛えることができます。 新人がミスをしたときの指導法も決めておきましょう。ただ怒鳴ったり責めたりする指導ではなく、ミスが生まれた原因と防止策を一緒に考え、次回に生かすことができる指導を意識させてください。このような指導法を採用することにより、お互いの信頼関係構築に加え、教育係の判断力と対応力を養うことができます。 また、新人に会社の業務を教える過程で、自分の理解が不十分であることに気付くでしょう。そのようなときはきちんと調べて正しい知識を身に付けさせることで、次世代リーダーに求められる基礎力を伸ばせます。

◆新人教育係の選び方


新人教育係を選ぶ基準は会社によってさまざまですが、ベテランの社員よりは、入社2~3年目くらいの若手 社員をメインの教育係として選ぶと良いでしょう。 若手社員をメインの教育係に選ぶ理由は、新入社員と年齢が近い方が、新人たちも業務についての質問や相 談がしやすく、コミュニケーションが取りやすいためです。また、自分が新人だったときに苦労したこと、 困ったことなどを思い返しながら指導したり、新人のときに学んだ知識を再確認したりできるメリットもあ ります。ベテラン社員は若手社員の指導を見守り、適宜アドバイスを与えます。 指導時にアメとムチを上手に使い分けられる社員も、新人教育係に向いています。極端に厳しい指導は、早 期退職につながる恐れもあります。しかし、甘やかすと新人は育ちません。力加減を意識しながら指導がで きるかどうかも、新人教育係を選ぶ際のポイントです。

◆おわりに


新人教育は新入社員のために行うものですが、新人教育係の成長を促す機会でもあります。新人教育係を選 ぶときは、この点も考慮した上で選びましょう。ただし、新人教育は負担の大きい業務でもあります。教育 係にアサインした社員に新人教育を任せきりにしてしまうと、心身共に疲労が蓄積し、成長が阻害されます。 そのため、新人教育は会社全体で取り組むことが欠かせません。教育係だけで抱えきれない問題は周囲の同 僚や上司がフォローするなど、サポート体制を確立することも重要です。