※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > 嫌いな上司と言われているかも?嫌われるダメな上司の特徴4つ

嫌いな上司と言われているかも?
嫌われるダメな上司の特徴4つ

嫌いな上司と言われているかも? 嫌われるダメな上司の特徴4つ

優秀な部下が欲しいと上司が思うように、部下も優秀な上司や尊敬できる上司の下で働きたいと思うのは当然のことです。良い上司に恵まれた部下は、上司の期待に応えようと仕事に一生懸命打ち込む一方、ダメな上司は部下のモチベーションを下げてしまいます。 部下からダメな上司というレッテルを貼られないよう、上司は日頃から部下に対する言動や振る舞いには十分注意しなければなりません。今回は、部下から嫌われるダメな上司の特徴を4つご紹介します。

【特徴1】作業指示や質問に対する回答があいまい


ダメな上司の特徴の1つは、「作業指示や質問に対する回答があいまい」なことです。例えば、部下に仕事を指示する際、「これやっといて」「あの資料作っといて」とあいまいな指示を出すだけで、具体的な作業指示を出さない場合、部下は戸惑ってしまいます。 また、部下が上司に不明点を質問したり、資料の記載事項について確認したりした場合に、具体的な回答をするのではなく、いつも「後で確認しておく」などとあいまいな返事をする上司も部下に嫌がられます。 細かく指示しないと動けない部下も考えものですが、上司と部下の間に認識のずれが生じ、後でトラブルとなることを防ぐため、具体的な作業内容を伝えることをおすすめします。部下に1から10まで説明する時間が確保できない場合は、仕事の進め方が分からないときは誰に尋ねれば良いかを教えておくと良いでしょう。

【特徴2】部下の欠点ばかり指摘する


部下の欠点は指摘するが、良い点は探そうとしない、もしくはまったく気付かない上司は部下に嫌われます。 部下の悪い点や誤りを指摘して修正させることは大切です。しかし、毎回怒られてばかりで褒めてもらえないと、部下のモチベーションは低下するでしょう。また、失敗を恐れて職場で積極的に発言したり、自分から動いたりすることをためらうようになり、成長が阻害される可能性があります。 人間誰しも欠点があります。部下の仕事に対して粗探しばかりするのではなく、良い点を見つけて褒めることを心掛けてください。

【特徴3】部下を信頼しない


部下の意見に耳を傾けず、自分の意見が正しいと思い込んだり、部下に仕事を任せずに全部自分で片付けようとしたりするなど、部下を信頼しない上司も少なくありません。このような上司は部下と信頼関係を築けないため部下が育たず、組織全体の業務の効率や質も落ちます。 優れた上司は、部下一人一人の長所や短所をきちんと把握し、業務内容に応じて部下を上手に使いこなすことができます。「部下に任せるのは心配だから」という理由で何でも自分でこなしてしまう方もいますが、部下の成長を促すためにも少しずつ自分の仕事を任せましょう。

【特徴4】好き嫌いで部下を評価する


性格や話の合う部下は高く評価する一方、たとえ成果を出していても親しくない部下は評価しないという上司もいます。上司も一人の人間であるため、好き嫌いがあるのは当然ですが、部下の評価に個人的な感情を持ち込んではいけません。 自分にとってかわいい部下を高く評価したい気持ちは理解できますが、評価されない部下はやる気を失ってしまいます。有能な部下の退職にもつながるため、部下を適正に評価することが大切です。

おわりに


上司が部下を見ているように、上司も部下から見られているということを忘れてはいけません。部下から嫌われるダメな上司ではなく、部下から尊敬される上司を目指しましょう。嫌いな上司と部下から言われないように、今回挙げたことを普段からしていないか、今一度自身の行動を振り返ることをおすすめします。