※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > 【チームマネジメント】チームリーダーの役割と求められるスキル

【チームマネジメント】チームリーダーの役割と求められるスキル

チームマネジメントとチームリーダー

入社から年月が経過するとともに、1人のプレーヤーとしての能力と同時に「部下を統率する能力」つまり、マネジメント能力も求められるようになります。チームマネジメントを行うためのスキルや、チームリーダーとしての役割をなるべく早い段階で意識することは、組織の中で成長していくうえでとても重要なことです。 そこで今回は、チームリーダーの役割と求められるスキルや心構えについてご紹介します。

チームマネジメントの概要

ビジネス上における“マネジメント”とは「目標を実現するための、総合的・全体的な管理」という意味です。 では、“チームマネジメント”にはどのような意味が含まれるのでしょうか。

チームマネジメントとは

チームマネジメントには「管理業務」のほか「評価」「指揮」「分析」「統制」など、さまざまな意味合い・要素が含まれています。 言い換えると、チームマネジメントは「タスクやプロジェクトの達成を目的としたチームの総合管理」のことを指すといえます。

チームリーダーとは

チームリーダーとは、所属チーム(部や課)のマネジメントを行うリーダーのことです。タスクやプロジェクトの達成を目的としたチームの総合管理や指導を行い、所属メンバーの成果を最大限に引き出すことが主な役割となります。 また、チームが円滑に動くための環境を整えたり、部下の評価・分析を行ったりするのもチームリーダーの重要な役割です。

チームリーダーに求められるスキル

チームリーダーのスキル

では、チームマネジメントを行うチームリーダーとして、マネジメント能力(管理能力)以外にどんな能力が必要とされるのでしょうか? ここでは、チームリーダーに求められるスキルや能力について掘り下げてみます。

コミュニケーション力

リーダーとしてチーム統率をスムーズに行うためには対人関係構築力、すなわちコミュニケーション力は必要不可欠です。 業務を円滑に回すためには、部下とのコミュニケーションはとても重要となります。そのため、普段から部下一人一人ときちんと向き合い、話にしっかりと耳を傾けるように心掛けましょう。個々の人間性や性格をよく理解したうえで、指導や指示を与えることが大切です。

決断力

チームメンバーをまとめながらプロジェクトをスムーズに進行し、目的を達成するためには、リーダーの決断力が不可欠です。 チームリーダー自身が明確な根拠を持ちながら意思決定を行うことで、メンバーたちも自信を持ってその判断に従い、業務遂行することができるのです。

行動力

チームメンバーに進むべき方向性を示すことも、リーダーの重要な役割です。リーダーが先頭に立ち、率先して目標達成に向けて行動することにより、メンバーは安心して後をついていくことができます。 しかし、やみくもに行動しても結果が伴わないと信頼を失うことにもなりかねません。メンバーに疑念や不安を抱かせないためにも、常に物事を冷静に客観視し、実態調査を行いながら状況に応じたベストな方向性を示すことが大切です。

リスクマネジメント力

綿密な調査を行い、しっかりと準備を整えたうえでプロジェクトを進めていても、予想外の問題が起きてしまうことは、ビジネス上よくあることです。そのようなときにリスクを最小限に抑えることも、リーダーとしての重要な役割です。 リスクを回避できることが最も理想的ですが、何かトラブルが発生したとき、チームリーダーとしてリスクの規模を迅速に把握・予測し最小限に食いとどめる能力、すなわちリスクマネジメント力が必要です。

チームリーダーとしての心構え

チームリーダーの心構え

チームをまとめるリーダーとして必要な能力やスキルはお分かりいただけたかと思います。 それに加え、いくつかの“心構え”を意識しておくことで、さらにリーダーとしての資質向上に役立ちますので、ぜひ参考にしてみてください。

感情をコントロールする

リーダーとはいえ、1人の人間なのでイライラしたり落ち込んだりすることもあると思います。しかし、あからさまに感情を顔や態度に出してしまうと、メンバーは不安になり、業務効率を下げてしまうことにもつながりかねません。感情をコントロールし、一定に保つよう努めましょう。 また、部下を注意するときも感情的に怒鳴りつけることも極力避けましょう。大声で怒っても、それが改善につながる可能性は低く、むしろその部下との間に壁ができてしまうかもしれません。

人をマネジメントするためには、まず自分自身をマネジメントしなくてはならないのです。しっかりと自分の感情をコントロールしながら、部下になるべく不安を与えないように心掛けることが大切です。

しっかりと評価する

リーダーとしてメンバー個々の欠点を改善し、失敗を繰り返さないよう導いてあげることはとても重要な役割です。 しかし、それ以上に長所や成果を褒める、認める、しっかりと評価してあげるということはとても大切です。メンバーのモチベーションを高めるため、定期的に評価を行う機会を設けることをおすすめします。

報連相(報告・連絡・相談)をしやすい環境を整える

部下との壁をなるべく取り払い、「報連相」しやすい環境を作るように心掛けましょう。 チームリーダーは、チーム内で進行中の業務内容をすべて把握しなければなりません。そのためには、部下からの「報告・連絡・相談」を適宜受けることがとても重要です。 部下からの報連相がスムーズに行われるよう、日頃からコミュニケーションを取り、風通しを良くしておきましょう。

おわりに

今回は、チームリーダーの役割と求められるスキルや心構えについてご紹介しました。 チームリーダーとしての業務を円滑に進めるためには、必要な能力を身につけることだけでなく、しっかりとした心構えを持つことが大切です。「自分がついていきたいと思えるようなリーダー」となることを目指しながら、チームマネジメント能力をさらに高めていってくださいね。

ジェイックの唯一無二の管理者研修
次世代リーダーを育成するリーダーカレッジ