※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > リーダーとは何か?リーダーの役割とやるべき仕事

リーダーとは何か?リーダーの役割とやるべき仕事

リーダーの役割とやるべき仕事

自分が組織でリーダーを任された場合、どのような意識を持つべきでしょうか。部下やチームメンバーをリードしてプロジェクトを成功へと導くためにも、リーダーとして何をすべきかについて理解することが重要です。そこで今回は、リーダーの役割とやるべき仕事をご紹介します。

リーダーは組織の方向性を示す

リーダーの役割の1つは、組織の方向性を示すことです。組織の目標を達成するため、リーダーはゴールにたどり着くまでの道筋を描き、組織全体で共有します。リーダーが組織を先導することにより、部下は自分の進むべき方向を見失わずにスムーズに動けるのです。

ビジネス環境の不確実性が高まる中、リーダーとして判断に迷う局面もあるでしょう。しかし、判断の遅れや決断の先延ばしは、大きなチャンスを逃したり、損失を被ったりするかもしれません。リーダーにはいざというときに必要な判断力や決断力が求められるのです。

部下の育成もリーダーの重要な役割

部下の育成

リーダーは組織の先導だけではなく、部下の育成にも携わります。どの社員にも同じ指導を行うだけでは高い教育効果は期待できません。部下やチームメイト一人一人の長所と短所を見つけ、各自の能力を伸ばすことが大切です。

リーダーの一言が部下の成長を促すこともあります。部下に業務を任せるときは業務内容と併せて、「なぜその業務を行う必要性があるのか」「どのようなポイントに注意すべきか」も伝えてください。部下は単に作業をこなすのではなく、自分の頭で考えながら業務を進めるでしょう。

部下から上がってきた仕事の品質が自分の期待よりも低く、もどかしさを感じることもあるかと思いますが、一度業務内容を聞いただけで、そつなくこなせる部下は少数です。失敗を経験させながら、部下の成長を我慢強く見守ることが重要です。

リーダーを中心に部下の教育を行いますが、リーダーがつきっきりで部下の教育に当たることは難しいでしょう。分からないことを職場で相談しやすい風土づくりやメンター(新入社員をサポートする指導役の先輩社員)の育成も欠かせません。

リーダーは組織の模範となる行動を

部下は常にリーダーの仕事ぶりを見ています。リーダーは自らの行動が大勢の人間に影響を与えることを意識し、模範となるように振る舞うことが理想です。「あのリーダーのようになりたい」と思われる行動を心掛け、部下の信頼を得ることから始めましょう。

部下を叱ることもリーダーの役割ですが、部下が叱られた理由を受け入れ、自分の成長につなげてくれるかどうかは、リーダーの人望にかかっています。部下から信頼できないリーダーと思われてしまえば、部下は上司の期待通りに動いてくれません。

組織の発展に不可欠なリーダーの成長

不可欠なリーダーの成長

リーダーは組織の模範となり、部下の成長を促す立場にありますが、リーダー自身も成長が必要です。自分自身にまだ成長の余地があることを自覚した上で、自分に足りない部分は補い、自分の強みはさらに伸ばしましょう。

部下に成長意欲を持たせるためには、リーダー自身が成長に貪欲であることが欠かせません。組織を成長させたいのであれば、まずは自分が向上心を持ちましょう。自分よりも経験の長い部下から助言をもらったり、特定の分野に詳しい部下から学んだりするなど、部下から学ぶ姿勢を持つことも大切です。

おわりに

組織の器はリーダーの器によって決まると言われます。リーダーは組織全体でビジョンを共有し、部下の指導や教育も行うとともに、自ら学び・成長することが求められます。組織を発展させるためにも、リーダーは視野を広く持ち、新しいことを積極的に吸収しましょう。

ジェイックの唯一無二の管理者研修
次世代リーダーを育成するリーダーカレッジ