※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > リーダーシップではなくフォロワーシップが注目される意味とは

リーダーシップではなくフォロワーシップが注目される意味とは

リーダーシップではなくフォロワーシップ

強い統率力で組織を先導するリーダーの力だけでは、チームの能力を十分に引き出すことはできません。そのため、チームメンバーがリーダーの指示で動くだけでなく、リーダーを主体的に補佐する「フォロワーシップ」が注目を浴びています。今回は、これからの組織運営に欠かせないフォロワーシップについてご紹介します。

フォロワーシップとは

フォロワーシップとは、リーダーをフォロワーが主体的に補佐することにより、組織を成功へ導くことです。この場合のフォロワーとは、組織のリーダーの指示によって動く者のことで、部下およびチームのメンバーを指します。

ただし、状況によってはリーダーが他のメンバーのフォロワーとなるケースもあります。

フォロワーシップが注目される意味

フォロワーシップが注目される意味

リーダーシップもフォロワーシップも、どちらか片方では効果を発揮できません。組織を成功へ導くためには、リーダーシップとフォロワーシップの両輪を回すことが大切です。

これまで組織を動かすためにはリーダーに強力な統率力が重要とされ、リーダーシップに関心が集まっていました。しかし、リーダーが力を発揮するためには、リーダーを補佐するフォロワーの存在が不可欠です。 経営学者ロバート・ケリーは、組織運営におけるリーダーの影響力は10~20%、フォロワーの影響力は80~90%としています。

高いパフォーマンスを上げる組織は優秀なフォロワーを抱え、組織目標の実現に向かって邁進します。一方、いくらリーダーが持てる力を発揮しようとしても、周りのフォロワーが主体的に働かない場合、組織のパフォーマンスを高めることはできません。

時にはリーダーが判断を誤ったり、決断が遅れたりする可能性も考えられます。フォロワーが主体的に働き、リーダーの指示に従うとともに、必要に応じてリーダーに進言できる能力を持っていれば、組織の失敗を未然に防ぐことができます。

組織運営にフォロワーシップを取り入れるメリット

フォロワーシップを取り入れるメリット

組織運営にフォロワーシップを取り入れるメリットの1つは、モチベーションの向上です。モチベーションの低い組織は、人材が持つ能力を生かすことはできません。部下やチームメンバーがフォロワーシップを発揮できる環境をつくり、仕事へのモチベーションを高めましょう。

仕事のモチベーションを向上させるためには、ある程度の裁量が各自に与えられ、自らの仕事に主体的に関われているという自覚を持たせることが重要です。リーダーの指示通りに仕事をこなせば良いという認識から、自分が主体的にリーダーを補佐するという認識を持たせることにより、組織全体のモチベーションを向上させることができます。

リーダーにも求められる「フォロワーシップ」

フォロワーシップは部下やチームメンバーだけでなく、上司やチームリーダーに求められることもあります。例えば、上司よりも部下が詳しい業務については、上司はリーダーシップを発揮するよりも、部下のサポートに回った方が良いでしょう。

必ずしも「リーダーはリーダーシップ、部下はフォロワーシップの役割を果たす」ことに固執する必要はありません。状況に応じてリーダーもフォロワーシップを発揮します。

おわりに

今回はこれからの組織運営に求められるフォロワーシップについてご紹介しました。フォロワーシップは、強力なリーダーの力を最大限に発揮するためにも、組織全体のモチベーションを高めるためにも欠かせません。 フォロワーシップは部下やチームメンバーに限らず、上司やチームリーダーも身に付けるべき能力です。リーダーシップとフォロワーシップの相乗効果を利用し、組織力アップを図りましょう。