※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > 宿泊研修を新人社員に実施するメリットは?合宿形式で研修を行う意味

宿泊研修を新人社員に実施するメリットは?合宿形式で研修を行う意味

宿泊研修とは?

新入社員研修は、通常の社内の会議室で行う研修だけでなく、ホテルや会場を借りて泊まりがけで行う宿泊研修を取り入れると効果的です。最近では、宿泊研修に対応する宿泊施設も多く、企業に代わって会場の手配や機材・備品の準備をしてくれるサービスや、研修進行のきめ細やかなサポートが受けられる研修特化型ホテルまで登場しています。

今回は、宿泊研修を新入社員に実施するメリットについてご紹介します。

 

宿泊研修とは?

宿泊研修とは、文字通り、宿泊を伴う研修のことです。企業側・会社側がホテルや会場を準備し、研修を行います。宿泊研修の期間は、数日や1週間、1カ月など企業によってまちまちで、長い場合は半年という企業もあるようです。

 

新人研修の場合、社会人としての自覚や基本的マナー・教養を身に付けさせることはもちろん、自社の社風にふさわしい目標やビジョンを持たせることも目的としています。

   

宿泊研修のメリット

宿泊研修のメリット

新入社員の宿泊研修の内容は、企業によってさまざまですが、宿泊の形式を取ることで以下のようなメリットがあります。

               

参加者同士の親交が深まる

宿泊研修では、研修時間以外のほとんどの時間を参加者が一緒に過ごします。朝昼晩の食事時間、合間の休憩時間や研修時間終了後に顔を合わせることで、参加者同士の交流が生まれます。「研修を通じて、社会人としての見識を高める」という同じ目標を持つ者同士、会話も弾むことでしょう。コミュニケーションを多く持つことで、信頼関係も生まれ、研修時間中の発言もしやすくなります。

 

非日常の中で、集中力を高められる

宿泊研修には、社内で行われる研修とは異なる「非日常」という特別感を演出できる良さがあります。研修期間は、いわゆる缶詰め状態となるため、参加者以外に、友人や家族と会ったり、他の用事や遊びに時間を奪われたりなど、気が散ることもありません。通常よりも集中して研修に取り組むことができ、知識の定着も進みます。

   

研修内容を完結できる

通常の研修のように、セミナーや講義を複数回に分けて行う場合、時間の制約があるため、どうしても流れが途切れてしまいます。次の研修までに期間が空くと、参加者が前回の内容を忘れてしまい、講義の最初に復習の時間を設けなければならないなど、効率が良くありません。

しかし、宿泊研修にすれば、プログラムの流れを止めることなく、最後まで一気に進めることができます。このように、企業側の労力の無駄を省けるだけではなく、参加者の負担を軽減できる点も大きなメリットとなります。

 

さまざまなイベントを盛り込むことが可能

宿泊研修にすれば、近隣の方も、遠方の方も、帰りの時間を気にする必要はありません。そのため、日が暮れてからの懇親会や勉強会も開きやすくなるでしょう。また、レクリエーションやイベントを開催して、参加者同士だけではなく、参加者と講師が親交を持てる場を設けることもできます。

   

合宿形式で研修を行う意味について

合宿形式で研修を行う意味について

宿泊を伴う研修やセミナーでは、宿泊費、食事代、会場の確保や懇親会の準備など、コストと手間がかかります。 また、拘束時間が長くなるため、参加者がストレスを感じてしまうという問題もあるでしょう。しかし、このようなデメリットを差し引いてもなお、合宿形式で研修を行うということには、大きな意味があります。

 

特に、ビジネスマナーの実技研修、コミュニケーション・スキル研修、企画立案の研修など、グループで行う作業が含まれる場合、宿泊型にすることで、研修の質の向上が見込めるでしょう。研修時間外でも、意見を出し合い、議論を重ねることで、参加者それぞれの創造力・問題解決能力・コミュニケーション能力が飛躍的にアップします。このような密度の濃い共同作業を通して得られる達成感は、これからの社会人生活で大きな支えになるでしょう。

 

一定期間、同年代の若者が集まり、寝食を共にして研修課題に向き合う体験が、学生気分の抜けきらない新入社員を「一皮むけた」社会人へと成長させます。この効果は、社内研修ではなかなか得ることができません。合宿形式で研修を行うことの意味は、ここにあるのではないでしょうか。

 

おわりに

宿泊研修には、通常の研修以上に、チーム力を高め、自社の企業文化をしっかりと浸透させていく効果があります。宿泊研修で築かれた参加者同士の関係性は、その後の業務に生きてくるでしょう。新入社員の能力を最大限に引き出したいとお考えの場合は、ぜひ宿泊研修を検討してみてください。