※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > 怒りをコントロールして仕事に活かしたい!「アンガーマネジメント」のコツ

怒りをコントロールして仕事に活かしたい!「アンガーマネジメント」のコツ

アンガーマネジメント

顧客とのやりとり、同僚とのコミュニケーション、部下の教育など、仕事上のあらゆる場面において、「怒り」の感情は生まれます。時には怒りによって引き起こされた行動がトラブルに発展し、後悔されている方もいるのではないでしょうか。

怒りを適切に発散したり、場をわきまえて静めたりする姿勢が、ビジネスパーソンに求められます。今回は、仕事上の怒りをマネジメントする取り組み「アンガーマネジメント」に関するコツについてご紹介します。

衝動をマネジメントする

衝動をマネジメントする 怒りの多くは衝動的なものであり、「カチンときた」と表現されるような衝動的な感情の起伏によるトラブルは後を絶ちません。まずは、衝動的な怒りの感情をコントロールしてみましょう。

怒りの感情は、怒りがピークに達してから約6秒間で収束するといわれています。つまり、この6秒間を耐え、一度頭を冷やすことが大切なのです。後悔につながるような発言が口から出そうになるのをグッとこらえ、6秒間辛抱することを意識してみましょう。

6秒間を我慢する方法は人それぞれです。深呼吸をしたり、手のひらに怒りの原因を書き記したりする簡単な方法でも効果があります。何もせずに脳内で6秒間経過するのを待っても問題はありませんが、何か自分なりの行動を決めておくと、コントロールに成功しやすいかもしれません。

思考をマネジメントする

怒りの沸点や許容範囲は十人十色であるため、自分が何に対して怒りを覚えるのか、具体的に把握しておくことも有効です。自らの思考を客観的にマネジメントできれば、怒ってしまいそうなタイミングで予防策を講じることができます。

例えば、正義感が強く、約束やルールを守っていない方を見ると、腹が立ってしまうという方は、時には「約束やルールは絶対守るべき」という考えを捨て、「必ずしもすべての約束やルールが守られるわけではないし、仕方がない」と肩の力を抜いた方が良い場面もあります。

自分と同様に、相手にも怒りの許容範囲は存在します。1つの点を中心にとり、大きさの異なる3つの円を描きましょう。小さい円から順にA、B、Cと名前を付けることにします。

円Aで囲まれた領域が「自分と考え方が同じ」、円Bで囲まれた領域から円Aで囲まれた領域を除いた領域が「自分とは考え方がやや異なるが、許容範囲内」、円Cで囲まれた領域から円Bで囲まれた領域が「許容範囲外」です。自分と相手の許容範囲の違いをはっきりと意識することにより、怒りの感情を抑えやすくなります。

行動をマネジメントする

行動をマネジメントする 「怒りを発散すること」自体は悪いことではありません。問題は、怒りのコントロールができないことです。怒りのあまり自分が見えなくなってしまうことは、ビジネスでは避ける必要があります。 怒ったところで変えられない事象や、さして重要ではないことに関しては、怒ることをやめましょう。状況に変化が見られないようなら、それは非生産的な行動です。状況を受け入れ、必要に応じて気分転換を行い、ストレスをできる限り溜めないようにしましょう。

また、どうしても怒りの感情を抑えられない場合は、怒りの「リミット」を決めておく方法もあります。これは、怒るのはどうしようもないと諦める代わりに、怒りすぎないように心がけるというものです。

おわりに

これまで怒りによるトラブルが多かった方にとって、ただ怒りを静めようと意識するだけでは、成果を出すことは難しいかもしれません。今回ご紹介したような、アンガーマネジメントのコツをぜひ実践してみてください。「衝動的に怒りたくない」「怒りによるトラブルは極力なくしたい」という気持ちを忘れず、怒りの感情を少しずつコントロールしていきましょう。