※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > クリティカルシンキングとは?おすすめのトレーニング方法について

クリティカルシンキングとは?おすすめのトレーニング方法について

クリティカルシンキング

日々の仕事で迅速な決断を迫られるビジネスパーソンには、正しい判断を下すための思考力が求められます。課題に対して最適解を見つける思考法を身に付けることで、仕事でも成果を出しやすくなるでしょう。 そんなビジネスパーソンに役立つ思考法の一つとして知られるのが「クリティカルシンキング」です。今回は、クリティカルシンキングの基本的な考え方と、おすすめのトレーニング方法についてご紹介します。

 

クリティカルシンキングとは何か?

クリティカルシンキングは、日本語で「批判的思考法」と呼ばれる考え方です。解決したい課題を批判的に考えることで、最適な解決策を導くことができます。 しかし、ただ単純に批判的になれば良いというわけではありません。クリティカルシンキングにはいくつかの思考パターンがあり、それらを用いて自問自答したり、チームでミーティングしたりすることで、解決策を見いだすことができるのです。

   

おすすめのトレーニング方法

おすすめのトレーニング方法

ビジネスの課題解決に役立つクリティカルシンキングは、トレーニングで鍛えることが可能です。すぐに実行できるおすすめのトレーニング方法があります。それは、クリティカルシンキングで使われる質問を、日頃から自問自答することです。

 

例えば、「そもそも解決すべき課題は何か?」という質問でトレーニングするとします。仕事やプライベートで、今自分が取り組んでいることに対してこの質問をしてみましょう。すると、これまで惰性で取り組んでいた生産性のない行動に気がついたり、より早く結果を出す方法に気がついたりと、普段とは違う視点から行動を見直せるようになります。

 

また、「前提となっている情報は本当に正しいのか?」という思考法も、自問自答でトレーニングできます。解決が難しいと感じている課題について、解決を阻んでいる要素をできるだけ多く書き出して、一つ一つ「その前提は本当に正しいかな?」とチェックすると、思いがけない解決の糸口が見つかることがあります。

 

この他、クリティカルシンキングを鍛えるための書籍やトレーニング講座も開催されています。クリティカルシンキングについて本格的に学び、スキルを伸ばしていきたいという方は、適宜必要な教材を取り入れてみてください。

   

クリティカルシンキングで得られるメリット

クリティカルシンキングで得られるメリット

クリティカルシンキングで得られるメリットは、問題解決力がアップすることです。今まで自分の力では解決できなかった課題や、時間をかけているのに成果が出なかった行動に対して、最適な解決策が得られるようになります。

 

また、批判的思考を持って会議やミーティングに臨むことで、より生産的なミーティングにすることができます。ただ漠然と話し合うよりもスムーズに解決策を導き出せることから、業務効率の向上も期待できるでしょう。

 

このように日頃の思考の癖から抜け出して、客観的な視点からアイデアを出せるようになる点が、クリティカルシンキングで得られるメリットです。これまでの思考方法で行き詰まりを感じたときは、クリティカルシンキングを実践してみてはいかがでしょうか。

 

おわりに

クリティカルシンキングの基本的な考え方と、おすすめのトレーニング方法についてご紹介しました。ビジネスパーソンに役立つクリティカルシンキングは、トレーニングによって身に付けることができます。クリティカルシンキングが習慣化すれば、日々の業務の中で、自信を持って決断できるようになるでしょう。 思考力を高め、ワンランク上のレベルの成果を手に入れるために、ぜひクリティカルシンキングのトレーニングを取り入れてみてください。