※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > ビジネスにおけるイニシアチブの意味とは?リーダーシップとイニシアチブの正しい使い方でチーム力向上

ビジネスにおけるイニシアチブの意味とは?リーダーシップとイニシアチブの正しい使い方でチーム力向上

リーダーシップとイニシアチブ
ビジネスシーンで、リーダーシップとイニシアチブという言葉を聞いた事があるでしょう。それぞれの言葉の意味を知り、上手に使い分けをすることが、チーム力の向上につながります。より良いチームにするためにも、正しい使い方をマスターしましょう。

ビジネスにおけるイニシアチブの意味

イニシアチブの意味ビジネスで「イニシアチブ」という言葉を使う場合、いくつか使い方があります。3通りの使い方をマスターしておきましょう。

ビジネスにおけるイニシアチブの使い方①

「競合他社にイニシアチブを取られないよう…」など、「主導権」という意味で使われます。何かを他の誰かに奪われてしまわないように、守る、獲得するという意味です。

ビジネスにおけるイニシアチブの使い方②

「イニシアチブが足りないのでは?後輩に示しがつかないよ」と上司から部下に使う場合は、「自発的に仕事をする姿勢」という意味に変わります。

ビジネスにおけるイニシアチブの使い方③

「今月も残りわずか、営業をイニシアチブにしましょう」というときには、「優先すること」という意味を持ちます。何よりも優先するべきことに対して使われるでしょう。 イニシアチブという1つの単語ですが、ビジネスではいくつかの使い方があり、それぞれ違う意味で使われているのです。単語の意味を把握するだけでなく、使われるシーンに応じて使い方が変わることも理解しておきましょう。

イニシアチブとリーダーシップの違いとは?

「リーダーシップ」と「イニシアチブ」は、同じ意味として使われているように感じますが、実はそれぞれ違う意味があります。 リーダーシップには、指導者としての能力・指導力という意味がある一方、イニシアチブには、率先して発言・行動すること、主導権を持つことという意味を持っています。ただ自分から動くだけではリーダーシップがとれているとはいえませんし、自分を含める周りを統一するだけでイニシアチブがとれている、とも言えません。

チーム力向上!イニシアチブとリーダーシップの正しい使い方

イニシアチブとリーダーシップの正しい使い方イニシアチブとリーダーシップを正しく使い分けることによって、チーム力は向上します。では、どのように使い分ければ良いのでしょうか?

まずは自分が動き出す

人に動いてほしければ、まずは自分が動かなくてはいけません。イニシアチブをとって、自らが行動しましょう。周囲への影響力によっても違いますが、イニシアチブをとっている姿を見て、自分も…と動き始めてくれるはずです。 しかし全員がそうとは限らないので、周囲がなかなか動き出さない可能性もありますが、まずは自分自身が行動に移すことが重要です。

目標実現に向けて動き出す

リーダーシップをとり、周囲を目標実現に向けて動かすことが、リーダーシップの使い方です。周囲が目標を目指せるように環境を整えます。みんなそれぞれある個性を理解し、一つにまとめるのがリーダーの役目といえるでしょう。

言い出しっぺだけで終わらない

イニシアチブをとるだけで、実行力や責任感がない、ただの言い出しっぺだけで終わらないように気を付けましょう。イニシアチブをとった人が、自ら率先して実行し責任を持つ、それがビジネスで周囲に信頼されるリーダーの行動です。

おわりに

リーダーシップとイニシアチブは、似て非なるものです。意味は違うものの、リーダーシップをとるためにはイニシアチブが必要で、イニシアチブをとるためにはリーダーシップが必要、とお互い切っても切れない意味を持っています。 2つを上手に使い分けることで、チームの力はみるみる向上していくでしょう。