※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > リーダーシップの種類は?状況に応じた最適な「型」について

リーダーシップの種類は?状況に応じた最適な「型」について

リーダーシップとは、簡単にいえば「チームを率いる力」ということです。しかし、実際にどのようにチームを率いていくかはリーダーによって異なります。一口にリーダーシップといっても、いくつかの「型」があるのです。 そこで今回は代表的なリーダーシップの型と、状況に応じた選び方をご紹介します。

リーダーシップの代表的な型

リーダーシップの代表的な型

「社会心理学の父」として高く評価されているアメリカ・アイオワ大学の心理学者クルト・レヴィンは、リーダーシップに関して研究を行っている人物です。 レヴィンは、リーダーシップを「専制型」「放任型」「民主型」の3種類に分類し、現在ではリーダーシップの適格な分類として世界的に認識されています。以下では、それぞれの型について詳しくご説明しましょう。

専制型リーダーシップ

専制型リーダーシップを持ったリーダーは、チームの行動すべてに関与することが特徴です。 リーダーは常にメンバーに指示を行っており、メンバーすべての行動を把握しているため、失敗や滞りが許されないシビアなプロジェクトを進行している際には有効です。 一方で、メンバーそれぞれの自律性・積極性の育成はできないというデメリットもあります。

放任型リーダーシップ

放任型リーダーシップは、チームの行動にほとんど関与しないことが特徴です。 意思決定や状況判断は、リーダーではなくチームメンバーが行います。放任型はチームメンバーの積極性やスキル・知識のレベルが高い場合には有効ですが、そうでない場合にはチームのまとまりがなくなり、そもそもリーダーシップとして機能しません。

民主型リーダーシップ

民主型リーダーシップは、リーダーとメンバーが共同で意思決定を行うことが特徴です。 意思決定の主導権をどちらがにぎるかは、チームによって変わってきます。リーダーがあくまで話し合いのサポート役に徹すれば、メンバーの自律性や帰属意識を高めることが可能です。ただし、ものごとを決めるまでに時間がかかるため、切迫したスケジュールのプロジェクトにはあまり向いていません。

状況に応じたリーダーシップの使い分け

状況に応じたリーダーシップの使い分け

ある実験では、上述した3つのリーダーシップを、子どもたちに対して実行しその効果が検証されました。 検証では、作業クオリティやチームメンバーからの評価は民主型のリーダーシップが優れている、という結果になりました。作業スピードについては、民主型と専制型が同程度。 このような結果から、総合的に見ると民主型のリーダーシップが優れていることが分かります。 もちろん、子供たちに行われた効果検証の結果を、そのままビジネスシーンに当てはめることはできません。しかし、基本的に民主型リーダーシップの汎用性が高いことは事実でしょう。 ただし、スピーディーな意思決定が必要な場面や、シビアな状況を乗り切るためには、専制型のリーダーシップが必要な場合もあります。 また、優秀な人材が集まっている場合、それぞれの能力を最大化するためには放任型のリーダーシップも無意味とは言い切れません。放任型のリーダーシップには、リーダーの負担を軽減する効果もあります。

以上を踏まえると、基本的には民主型のリーダーシップを選択し、状況に応じて専任型を選ぶのが効率的といえそうです。放任型のリーダーシップはチームの習熟に応じて選ぶのが良いでしょう。

おわりに

チームワークを形成し、プロジェクトをスムーズに進行していくためには、メンバーやプロジェクトの深刻度、進行度合いに応じて適格なリーダーを配置する必要があります。 今回ご紹介したリーダーシップの種類に関する知識は、リーダーの人員配置の指針になるでしょう。柔軟に対応できる人材であれば、1人のリーダーが各リーダーシップの型を使い分けてもかまいません。最適なリーダーシップの選択で、プロジェクトをスムーズに進行させてください。