※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > 【新人教育】指導効率の良いカリキュラムの作り方

【新人教育】指導効率の良いカリキュラムの作り方

研修の効果を高めるためには

新人教育ではさまざまな研修が実施されますが、思っていたほど効果が上がらないということもよく見られます。研修の効果を高めるためには、適切なカリキュラムの作成が欠かせません。今回は指導効率の良いカリキュラムの作り方についてご紹介します。

 

カリキュラム作成の手順

カリキュラム作成の手順

いきなりカリキュラムを作成しようと思ってもうまくいきません。カリキュラム作成は、以下の手順に従って進めましょう。

                 

【手順1】自社の人材育成方針の把握

まず、経営者に人材育成の方針を確認します。企業によって社風が異なるように、必要とする人材の特徴もそれぞれ異なります。経営者だけではなく、各部署のキーパーソンにも「どのような人材を求めているか」を尋ねて、自社の理想とする社員像を明確にしておきます。

 

【手順2】新入社員の現状把握

過去に実施した入社試験などから、新入社員の知識やスキルの状況を把握します。知識スキルを確認するため、新たに課題を出したり、アンケートやヒアリングで研修の要望を聞いたりすることも効果的です。

 

【手順3】目標設定

「何を、どの程度、習得させるか」という具体的な目標を設定します。【手順1】で明確になった理想像と、【手順2】で把握した新入社員の現状とのギャップを埋めるには、どのようなカリキュラムが最適かを考えていきます。

敬語の使い方、電話対応、手紙やメールなどのビジネスライティング、ビジネスマナー、自社の歴史・製品・サービスについての知識、コミュニケーション・スキル、パソコン・スキルなど、ここではできる限り多く挙げてみましょう。

 

【手順4】カリキュラムの絞り込み

【手順3】で挙げた要素を絞り込むプロセスです。今まで学生だった新入社員が、初めての研修で身に付けられることは限られています。今一度、どのような人材に育てたいのかという目標を確認した上で、カリキュラムに何を組み入れ、何を省くか、吟味して選定をしていきます。

     

【手順5】具体的な見積もり

【手順4】までが決まれば、後はカリキュラムを具体化していく作業です。下記の項目について、カリキュラムの目標を達成するために、どのような手段が最適かを検討します。

 
  • 研修期間:何日、何週間、何か月にするか
  • 研修予算:予算をかける部分とそうでない部分の見極め
  • 研修場所:社内の会議室にするか、外部施設を借りるか
  • 研修形式:社内研修にするか、宿泊型研修にするか、あるいは両方を併用するのか
  • 指導方法:自社社員が講師を務めるのか、外部講師を招くのか
  •  

    新人教育に取り入れたい、3つの基本テーマ

    3つの基本テーマ

    以下の3つは、新人教育にぜひ取り入れたい基本的な研修テーマです。カリキュラムを作成するときは、この3つをベースに組み立てると良いでしょう。

                 

    1)自社の歴史・業務内容の説明

    自社の歴史や現在の業務内容を説明することで、自社への理解を深め、新入社員のモチベーションを向上させることができます。社長や役員クラスの話だけではなく、各部署の先輩社員など、現場社員の話も聞けるようにすると、より新入社員の心に響くでしょう。

     

    2)ビジネスマナーの知識と実技

    社会人としてのビジネスマナー教育は、徹底して行う必要があります。新入社員といえども、現場に出ればプロフェッショナルとしてみられます。顧客から厳しい評価を受けることのないよう、最初の研修でしっかりとビジネスマナーを身に付けさせることが大切です。

    あいさつ、名刺交換、電話対応などはロールプレイを行い、実際の場面を想定した練習を多く取り入れましょう。指導が甘くならないようにするため、外部の講師を招いたり、研修会社が提供しているプログラムを利用したりすることも効果的です。

     

    3)コミュニケーション・スキルの習得

    若手社員の離職が社会問題となっていますが、退職の理由の多くは人間関係です。配属後、良好な人間関係を築くためにも、コミュニケーション・スキルを身に付けさせることをおすすめします。

    基本のホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)の方法、相手の心情を理解する対話法、相手の話を掘り下げて聞く技術、自分の気持ち・考え方・意見を分かりやすく伝える発信力など、理論と実践の両面から学べるような内容にしましょう。

     

    おわりに

    今回は新人教育のカリキュラム作成の手順をご紹介しました。新人教育は、新入社員を学生から一流のビジネスパーソンに成長させる絶好の機会です。自社の理想とする社員像と新入社員とのギャップを正確に見極め、その差を埋められるようなカリキュラムを作成しましょう。