※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > オンボーディングとは?新人研修で取り入れる意味と実施方法

オンボーディングとは?新人研修で取り入れる意味と実施方法

オンボーディングとは?

新人が早く仕事に慣れることができるようにするため、新人研修を実施している企業は多いでしょう。オンボーディングは、新入社員をいち早く戦力化するとともに、新入社員と既存社員の統合を図ることを目的としています。今回は、新人研修にオンボーディングを取り入れる意味や実施方法についてご紹介します。    

オンボーディングとは?

新人教育の手法

オンボーディングとは、新入社員の定着および早期戦力化を目的とした、新人教育の手法のことです。英語では「on-boarding」と表記されます。本来は、飛行機や船といった乗り物で、新たに乗り込んだメンバーに援助を行うことを意味していました。   ビジネスにおけるオンボーディングは、新たに企業の一員として加わる新入社員が、同じ乗り物の乗組員としていち早く活動できるよう、サポートを行うイメージだと理解しましょう。通常、オンボーディングの対象者となるのは新人・若手層ですが、新しい環境に慣れさせる必要があるため、中途入社の社員も対象とすることがあります。  

新人研修にオンボーディングを取り入れる意味

新人研修にオンボーディングの手法を取り入れると、どのようなメリットがあるかをお伝えします。  

既存社員との統合で定着率アップ

入社したばかりの新人・若手層は、まだ企業の既存社員に受け入れられていない状態です。この時期の新人研修にオンボーディングを取り入れることで、社内の幅広いメンバーとの接点を持てるようになり、既存社員との統合が行われます。これにより、新入社員の定着率アップの効果が期待されます。  

即戦力としての成長が見込める

オンボーディングを取り入れるもう1つのメリットは、新入社員に即戦力としての成長が見込めることです。ポテンシャルを引き出し、いち早く戦力として成長させることで、企業の利益に貢献できる人材が増えていくでしょう。また、結果として新入社員の早期退職が減るため、採用コストを低く抑えられる点もメリットです。

オンボーディングの実践方法

実際に新人研修にオンボーディングを導入する際の実践方法をご紹介します。  

【1】オンボーディングプランを作成する

オンボーディングプランを作成する

新入社員の採用が完了したら、オンボーディングプランを作成しましょう。採用した人材一人一人の特徴を踏まえた上で、既存社員の意見を取り入れながら、新人研修の具体的な内容を検討してください。社会人生活の基本的なオリエンテーションに加えて、企業風土や既存社員からのアドバイスなどを盛り込み、1つの目標へ向けて力を合わせる仲間だという思いを伝えましょう。      

【2】オンボーディングを実施する

新入社員が入社したら、オンボーディングを取り入れた新人研修を実施します。この時期における既存社員からのフォローは、新人・若手層の安心感につながります。ここで教育係に任命された社員は、新入社員が配属先の上司と出会う前に、両者の橋渡しを行うことになります。新入社員からの相談には積極的に応じ、他の部署との連携を取れる状態を整えておきましょう。  

【3】オンボーディングプランを評価する

新人研修後は、引き続き新人・若手層のフォローを全従業員が心掛けるとともに、オンボーディングプランを評価しましょう。研修後の定着率を確認し、改善点があればブラッシュアップを行います。その際は、教育係となった社員だけでなく、人事部門や対象者の上司など、全社的に今回のプランを評価および改善することが大切です。    

おわりに

新人研修にオンボーディングを取り入れると、新人・若手層の定着率が高まるとともに、早期戦力化が期待できるようになります。オンボーディングは、人事部門や教育係など特定の社員だけでなく、全社的に取り組むからこそ最大の効果が発揮されます。新しい乗組員である新入社員がいち早く戦力となれるように、サポートを行いましょう。