※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > オンライン企業研修とは?導入するメリットをご紹介

オンライン企業研修とは?導入するメリットをご紹介

企業研修は従業員のスキルや意識を向上させ、企業全体の活性化にもつなげられることから、多くの企業で取り入れられています。しかし、全国展開している企業などでは遠方はるばる本社まで行く必要があったり、従業員全員のスケジュール調整が難しかったりと問題点も多くあります。 そこで近年注目されているものが、オンライン企業研修です。今回はオンラインで行う研修とはどのようなものなのか、導入するメリットはどこにあるのかなどを具体的にご紹介します。

オンライン企業研修とは?

オンライン企業研修とは、パソコンやスマートフォンなどを通して、インターネット上で行う研修のことです。 全国に支社を構える企業などでは、全従業員に対する均等な教育が難しいことがしばしば課題に挙がります。オンライン企業研修は、そのような企業の教育状況を改善する上で有効な手段の1つです。

オンライン企業研修を導入するメリットは?

オンライン企業研修を導入するメリットは? オンライン企業研修を導入するメリットを、具体的に見ていきましょう。

遠隔地でも同じ研修を受けられる

まず、真っ先に挙げられるメリットが、どこにいても同じ研修を受けられることです。 例えば、東京に本社があり大阪・名古屋に支社がある場合、従来の方法であれば全従業員を東京に招集する必要がありました。遠方から本社に行くとなると、やむを得ない事情で研修を受けられない従業員も出てくるでしょうし、そのような方は周囲に比べて教育の差がついてしまいます。また、そもそもスケジュール調整に手間と時間がかかることも問題です。 その点、オンライン企業研修をうまく活用すれば、本社から遠く離れた場所でも同じ内容を同じ時間に全従業員がインプットできます。 企業規模が大きければ大きいほど、メリットが大きいといえるでしょう。

交通費など無駄な支出を減らせる

全国の従業員を1カ所に集めるとなると、それだけの交通費が必要です。オンラインで企業研修を行えば、何十人、何百人分の交通費を節約できることになりますし、従来必要だった移動時間を業務に充てることができるため、仕事の効率化にもつながります。 こちらも、企業規模が大きいほどより恩恵を感じるでしょう。

録画しておけば見直せる

オンライン企業研修はパソコンやスマートフォン、タブレットなどを使って録画することができます。つまり録画をしておけば、業務などの都合上どうしても受けられない場合などに、後からでも研修を受けられるのです。 録画機能によって、従業員全員が等しく研修を受けることができるため、教育レベルに差がつかなくなります。

オンライン企業研修の実施方法

オンライン企業研修の実施方法 どのようにオンライン企業研修を実施するのか、具体的な方法を見ていきましょう。

社内で実施する方法

今まで社内で独自の研修プログラムを組み、実施してきた企業におすすめの方法。 社内で行われる研修の様子を、Web会議システムなどを活用して配信・録画し、全社に共有するというものです。コンテンツの内製が必要になりますが、講師を外部から招く以外は社内で完結するため、コスト面でもメリットがあります。

社外に依頼する方法

研修コンテンツを内製するノウハウがない企業におすすめの方法。 オンライン企業研修をサービスとして提供している会社に依頼し、コンテンツを含めて全面的に任せるというものです。多くの場合は動画配信という形式で行われるため、従業員のモチベーション管理が難しいという面もありますが、自発的な姿勢を鍛えるという意味ではメリットでもあるでしょう。

おわりに

企業研修は会社全体の教育レベルを均一化するため、またサービス向上や従業員の意識を高めるためにも効果的なものです。遠隔地にいる従業員でも同じ内容が受けられたり、後から見返すことができたりと、オンライン企業研修にはメリットが数多くあります。効率的で利便性の高い研修方法をお探しの場合は、一度検討してみてはいかがでしょうか。