※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > OODAループ(サイクル)とは?企業経営に活用する方法

OODAループ(サイクル)とは?企業経営に活用する方法

ビジネスでは、市場の変化に応じてスピーディーに戦略を最適化していく必要があります。近年では「OODAループ(サイクル)」という手法が、ビジネスシーンで注目を集めるようになりました。そこで今回は、OODAループ(サイクル)の基本的な知識についてお話します。

OODAループ(サイクル)とは

OODAループ(サイクル)とは、目標達成のためのメソッドの1つで、PDCAに変わるメソッドとして注目されています。基本構造としては、PDCAと同じように、目標を次の4段階に分けて構成する手法です。 1. Observe 2. Orient 3. Decide 4. Act これらをループし、目標をより高次元で達成することがこのメソッドの主眼です。 OODAループの有用性が最初に実証されたのは、実はビジネスシーンではなく戦場でした。考案したのは、アメリカ空軍出身の軍事研究家である、ジョン・ボイド。彼は孫子の兵法や日本企業の方針からOODAループを編み出し、イラク戦争において大きな成果をあげました。 PDCAサイクルとの大きな違いは、現場への対応力です。PDCAは計画が起点であり、入念な準備が必要となることから、突発的な事態への対応力に欠けます。一方で、戦場で役立ったことからも分かるとおり、OODAループは現場での素早い調整・対応が可能です。

OODAループ(サイクル)の各段階

OODAループ(サイクル)の各段階

OODAループの各段階について説明します。

Observe

Observeは「観察する」という意味の英単語です。文字通り相手を観察する段階といえますが、OODAループにおいてはさらに踏み込んで「状況の把握」を指します。この際の情報収集は、相手だけではなく自分や自分の周りも対象です。 ビジネスの場合、情報収集の相手としては競合他社が代表的で、より小さなコミュニティでOODAループを実施する場合は、上司や同僚が対象になるかもしれません。取り巻く状況だけではなく、相手の感情も含めて分析を行います。 自分を観察する際も、情報収集の視野を広く保つことが重要です。自社を観察する場合、環境や市場に関する情報も集める必要があります。思い込みや誤解を排した冷静さが求められます。

Orient

Orientは「方向づける」という意味の英単語。Observeに続くこの段階では、戦略の方向づけを行います。具体的には、観察で集まったデータをもとにさまざまな判断を下すフェーズといえるでしょう。 集めている情報が多ければ多いほど、戦略判断の適格性が高まります。また、OOのループを繰り返すことで前回の判断の誤りや欠点に気づける点もメリットです。

Decide

Decideは「決定する」という意味であり、その名の通り具体的に意思決定を行う段階です。前段階の判断に対して、どのような行動をとるのかを決めます。もちろん、複数の行動が候補として挙がるケースもあるでしょう。そのような場合は、目標やビジョンを見直し、そのイメージに対して最も効果的と思われる行動を選択します。

Act

前段階で決定した行動は、Actつまり「実行」の段階で実際の行動に移します。実行によって期待した通りの結果が出ることが理想ですが、重要なことはそれだけではありません。結果の良し悪しに関わらず、再度情報収集や仮説立てを行うことが最も大切なのです。 そのため、Actの終了後は、すぐに再度ループを始めることになります。

経営への活用

経営への活用

OODAループがビジネスや経営において急速に普及している理由の1つは、時代の変化に対応できることです。マーケットが変化するスピードは時代とともに速くなっています。その分、経営者には、迅速な意思決定が求められているといえるでしょう。 OODAループをスピーディーに回すためには、Observeにおける情報の収集方法をまず最適化することが重要。近年は、効率的にデータ収集できるクラウド上のツールがローコストで提供されているため、経営者の方は導入を検討してはいかがでしょうか。

おわりに

今回、OODAループ(サイクル)についてご紹介しましたが、ビジネスの業態によってはPDCAサイクルが求められることもあります。PDCAサイクルで状況が打開できない場合は、OODAループを試してみてください。OODAループ(サイクル)は、即時対応が求められる現場から生まれた手法のため、特に経営における恩恵は大きいはずです。