※「7つの習慣Ⓡ」はフランクリン・コーヴィジャパン(株)の登録商標です 研修社員の「主体性」と「責任感」を醸成する7つの習慣Ⓡ研修 中小企業向け研修公認企業
MON - FRI / 9:00 ~18:00 03-5282-7605JAIC
コラム&ニュース
ホーム > コラム&ニュース > 【中小企業】社長の仕事とは?基本となる4つの仕事

【中小企業】社長の仕事とは?基本となる4つの仕事

中小企業の場合、会社=社長と考えて良いでしょう。利益を上げるため、成長をしていくため、そして社員たちが安心して働ける会社をつくるために、中小企業の社長は自ら率先して動くことが求められます。今回は、中小企業の社長にとって基本となる4つの仕事についてご紹介します。

会社の業績を把握する

会社の業績を把握する
社長の1つ目の仕事は、会社の業績を正確に理解することです。利益・損益はもちろんのこと、人件費や設備投資などのコスト・維持費がどれくらいかかっているのかを正確に把握し、会社経営に反映させていく必要があります。

中小企業の場合、会社の経理が曖昧になってしまうところも少なくありません。悪い意味でどんぶり勘定になってしまい、儲かっていると思ったら実際の業績はほぼ横ばい、あるいは悪化していたということも珍しくはありません。

また、会社の業績を知ることは、これからの経営計画を立てるのにも役立ちます。例えば、新規事業を立ち上げたものの、なかなか業績が伸びなかったとします。その際、細かく数字を追っていくと、人件費や材料費などのコストの問題が見えてくるかもしれません。この場合、「無駄なコストを削減すれば、将来的に右肩上がりの業績になるかもしれない」と予想できます。

目標設定と計画策定

2つ目の仕事は、会社の目標を定めることです。会社が利益を上げて成長を続けるためには、目指すべきゴールを設定する必要があります。目標設定をすることによって、毎日の業務にどのような意味があるのかが明確になります。会社がどの目標に向かっていくか決まったら、今度は社員に周知を行います。日々の仕事が将来の利益につながるのだと分かれば、社員一丸となって働く空気をつくりやすくなります。

もちろん、ゴールを設定しただけで終わりではありません。目標達成のために、人材配置や予算配分、業務の進め方などの計画を練ることも重要な役割です。自社の強みや課題を整理した上で、短期・中期・長期の計画を策定します。

人脈を広げていく

人脈を広げていく
人と交流することで自分の幅を広げたり、仕事が生まれたりすることもあります。そのため、人脈を広げていくのも社長の仕事です。

例えば、同業者と交流を持つことで業界の話題やトレンドを知ることができる他、いざというときに横のつながりが役立つことがあるかもしれません。また、共同でプロジェクトを立ち上げられる可能性もあります。

見識を広げるという意味では、異業種交流から得られるものも多いでしょう。さまざまな分野の人と触れ合うことで新たな知識が得られるかもしれませんし、新たな取引先や提携先も開拓できるかもしれません。


現場の空気に触れたり、社員の声に耳を傾けたりする

現場の空気に触れ、社員の声に耳を傾けることも、社長として必要な仕事です。社長はリーダーとして会社を牽引する立場であることは間違いありません。しかし、現場を知らずにいると、現場の実情と乖離した目標設定をしたり、的外れな指示しか出せずに社員の不満がたまりやすくなったりします。

そうした問題を防ぐためにも、社長が現場を知ることは必要です。職場の雰囲気や社員の働きを観察したり、社員たちの声に耳を傾けたりして、改善すべき点や伸ばすべき点を見つけていくことが求められます。

おわりに

今回は中小企業の社長の仕事を4つご紹介しました。中小企業の社長は業務が多岐にわたり、時間的な余裕がありません。現場に出て働きながら、社員をマネジメントしているという社長も多いでしょう。しかし、会社を大きくしていくためには、目の前の仕事だけでなく、これら4つの仕事に真摯に向き合っていくことが重要です。